具体的成果

1. 技術への貢献

◎ ものづくり技術 ”めっき・熱処理” を巧みに複合させることにより、欧米のノウハウに依存せず、独自技術を開発

◎ 特許
@ ALLOY COATING FILM, METHOD FOR PRODUCTION OF ALLOY COATING FILM,AND HEAT-RESISTANT METAL MEMBER 米国特許 US8,173,269 B2
@ MULTILAYER ALLOY COATING FILM, HEAT-RESISTANT METAL MEMBER HAVING THE SAME, AND METHOD FOR PRODUCING MULTILAYER ALLOY COATING FILM 米国特許 US8,133,595 B2
@ 耐熱および耐環境性合金皮膜の除去方法、耐熱および耐環境性合金皮膜の製造方法ならびに高温装置部材の製造方法 特許第4813576号
@ 耐高温腐食性皮膜の形成方法 特許第4166784 号
@ 耐酸化性合金皮膜、耐酸化性合金皮膜の製造方法および耐熱性金属部材 特許第4383499号
@ Re alloy coating for Diffusion Barrier  (EU) EP 1449937 B1
@ 拡散バリヤ用合金皮膜及びその製造方法、並びに高温装置部材 特許第4753720 号
@ 拡散障壁用Re合金皮膜 特許第3857690号
@ 拡散障壁用Re合金皮膜 (米国)7205053
@ 拡散障壁用ReCrNi合金皮膜 特許第3857689号
@ 拡散障壁用ReCrNi合金皮膜 (米国) 7192655
@ 拡散障壁用ReCr合金皮膜 特許第3910588号
@ 拡散障壁用ReCr合金皮膜 (米国) 7060368
@ 耐高温腐食性皮膜の形成方法 特許第 4166784号
@ 電解めっきによる高濃度Re合金皮膜の形成方法 特許第3942437号
@ 電解めっきによる高濃度Re合金皮膜の形成方法 (米国)7368048
@ Cr(III)含有浴を用いた電解めっきによるRe皮膜の形成方法  特許第4271399号
@ 電解めっきによるRe皮膜の形成方法 特許第3904197号
@ 耐高温酸化性耐熱合金部材の製造方法 特許第3765292号
@ レニウム含有合金皮膜を被着してなる耐高温酸化性耐熱合金部材の製造方法 特許第3708909号
@ 金属系抵抗発熱体とその製造方法 特許第 3821756号 (ヨーロッパ) 1542505   (米国) 7150924
@ 耐高温酸化性に優れたNi合金耐熱材料 (米国) 7285337
@ 耐高温酸化性に優れたNi合金耐熱材料 (中国) ZL03804427.7
@ 耐高温酸化性に優れたNi合金耐熱材料 (韓国) 10-0603058
@ 電解めっきによるRe-Cr合金又はRe皮膜の形成方法 (米国) 6979392
@ 耐高温腐食性皮膜の形成方法 (米国) 7378134
@ 耐高温酸化性に優れたNi合金耐熱材料およびその製造方法 特許第3916484号
@ 耐高温腐食性に優れた耐熱合金材料およびその製造方法 特許第3810330号

◎ 研究開発プロジェクト

平成12年度~平成13年度 JST「権利化試験」超高温対応を目指したNi基超合金への耐酸化性コーティング皮膜の創製技術開発 北大(成田敏夫)
平成14年度~平成16年度 NEDO「国際共同研究」高効率発電を実現するガスタービン翼へのスマートコーティングの創製 北大(成田敏夫)
平成14年度~平成16年度 文部科学省 原子マイグレート境界制御型表面改質による耐酸化性付与耐熱Nb基合金に関する研究 (株)超高温材料研究所、北大(成田敏夫)
平成16年度~平成21年度 文部科学省「特別推進研究」長寿命・高信頼性遮熱コーティングを実現する拡散バリア型ボンドコートの創製 北大(成田敏夫)
平成19年度~平成21年度 NEDO「大学発イノベーション」多種燃料対応型高信頼性MGT燃焼器用コーティングの開発 (株) 荏原製作所 、北大(成田敏夫)
平成20年度~平成21年度 NEDO「先導研究」高効率ガスタービン用アドバンスド遮熱コーティングの研究開発 (株)日立製作所 、北大(成田敏夫)
平成21年度~(平成24年度) JAXA 「オープンラボ」Nb-Hf合金スラスターへの耐酸化コーティング施工技術 (株)DBCシステム研究所

2. 市場への貢献

マイクロガスタービンは、(株)荏原製作所において燃焼器にバリアコーティングを適用し、実用化されている。
大型発電用ガスタービンは、日立製作所において実機の実証試験を経て、実用化を目指して現在研究開発を継続中である。
耐熱合金への適用は、鉄鋼メーカーにおいて実機による実証試験を継続中であり、実用化を目指す。

3. 社会への貢献

金属工学と腐食科学の発展に寄与した功績に対する表彰
(日本金属学会論文賞、日本腐食防食協会論文賞、日本溶接学会溶接学術振興賞、日本溶接学会論文賞、日本腐食防食協会岡本賞、日本腐食防食協会賞、日本金属学会学術功労賞、日本腐食防食協会功績賞)

Copyright© 2012-2013 DBC System R&D Inc All Rights Reserved.Produceds by B-faith.lnc